Top > 交際クラブ > 東京、渋谷の交際クラブ、デートクラブの男女交際の貞操観念

東京、渋谷の交際クラブ、デートクラブの男女交際の貞操観念

東京、渋谷の交際クラブ、デートクラブの男女交際の貞操観念

 

 

最近のテレビは芸能人の不倫が話題になっていますが、これは芸能界だけの問題ではなくて一般社会にも蔓延している問題ではないでしょうか、妻帯者の男性が不倫や浮気をするのはまだ少しはわかりますが、旦那さんのいる女性が外で不倫や浮気をすることも今では珍しくもなくごく当たり前の社会になりつつあります。これは昔と比べると家電の進化で家事をする時間が大幅に短縮されたこともほんの少しは関係していますが、なによりも女性の感覚や感性がより男性化している証拠ではないでしょうか、これは女性の言動や性格がより攻撃的になり悪い意味で社会に順応してきている為でもあります。よって貞操観念も当然なくなってきてますし、すでにもう死語になってしまっているかも知れません。

 

これからは夫婦別姓も話題になり婚姻する意味もなくなる時代がすぐそこまで来ているようにも思います。昔と比べると社会が豊か過ぎて3組に1組が離婚する時代に女性にだけ貞操観念を持っていなさいとは正に時代錯誤にも感じます。人間はこの矛盾に常に向き合っていかなくてはなりません。聖人君主になる必要はありませんがそこに美学が生まれエロスを感じるのではないでしょうか、これが何でもありの世界になってしまったら味噌も糞も一緒になってしまいます。

 

嫉妬のあまり男性が交際女性や自分の女房の体に貞操帯を装着するなんてことは日常ではただの男女のSMのプレイになってしまい現実に貞操帯を装着して外出している女性がいたら第三者の男性からしてみたら生唾物で逆に興味が湧いてしまいます。仮に自分の女房には装着出来なくても会員制のデートクラブや交際クラブ辺りに登録している貞操観念を持ってそうな好みの女性との交際デートは妻帯者でも可能ですので、お互いの相性が合う者同士ならデート中にお願いして装着してもらうことは可能です。デートクラブや交際クラブに登録をしている女性は割り切れている人が多いので既婚者の男性も安心して付き合うことが可能になっています。お互いに交際をプレイや遊びと捉えている男女ですので気兼ねなく体を重ね合うことも出来ます。

 

家庭を持った男性は家に帰ったら一家の主でもあるので威厳も必要になってきます。昔の美人女優が離婚した時の言葉が今でも記憶にありますが、一家に男性が二人いたので離婚に至りました。と言っている言葉を思い出しましたが女優さんは意外と男っぽい所があったりする意味なのでしょうけれど何でも経験できる今は女性も怖いものがない時代に突入している感じがするのは私だけでしょうか。女性を見た目で判断する時には押さえておきたいポイントがあります。髪の毛が肩までの短めにカットをしている女性は男らしい一面を多分に持ち合わせいるケースが多くあります。髪は女性の命は今は死語ですが、女性らしくいられる外見で一番見られる場所が顔ですが髪の毛は女性らしさの重要な表現場所でもあります。その髪をあまり気にしない程度にカットをしている女性は常にアクティブに動きたいと思うので短くしています。子供を産んだ女性が美容院に行く時間がないので髪の毛を短くカットする事は良くある事です。この事からも20代の若くして髪の毛を短くカットしている女性はフェミニンらしさよりも他に優先順位がある為です。

 

また靴の先端が丸い靴を好んで履く女性は優しい性格の持ち主であると言われます。これは先端がとがっているハイヒールを履いているキャリアウーマンは自分が出来る女性と言う事を外にアピールしたいと思っています。逆に丸い靴を履いている女性は心が穏やかな女性と言う事になります。スカートを履いている女性とパンツスタイルの女性も自分の主張が入っています。パンツスタイルの女性は仕事が出来る女性でありそれを他人に理解させる為に履いていたり自分は男性の中に混じっていても同等の扱いをして欲しい願望も入っています。また脚の短い女性もパンツスタイルはするので注意は必要です。スカートの女性は見た目をとても気にしていて男性には自分が女性である事を意識している為とも言えます。また綺麗に伸びた脚に先には大事な場所がある事を綺麗な脚からイメージが出来ますのでそれを男性にメッセージとして無意識に伝えています。

 

女性のメイクからも自己主張が見えてきます。メイクをより鮮やかにしていて付けまつげやアイラインやチーク等を取り入れている女性は常に女性らしさを忘れていません。周りの男性に女性を意識させて扱いも女性として優しく対応して欲しい気持ちが入っています。女性のファッションにはすべて意味が込められていてそれを男性は理解してないと対応が間違ってしまいます。もしもデートの時に彼女がガーターベルトを履いてきたら今日は本格的に朝まで愛し合っていたい意味とも取れます。よりセクシーで色気のある自分を彼氏に見てほしいと思っています。また服を脱いでガーターベルトを見た瞬間に彼氏の反応と喜ぶ顔が想像出来ているので頑張ってガーターベルトを履いていると解釈してもいいでしょう。女性の心の反応がいつもの女性の服に込められている事を男性は理解する必要があります。

 

そのようなセクシーな彼女が不在の男性には東京、渋谷の交際クラブ、デートクラブの男女交際があります。東京、渋谷の交際クラブ、デートクラブの男女交際ですと交際内容は基本自由ですのでお互いが了承すればどんな事も出来るとも言えます。深い交際に発展している男女であればお互いに次に着てくる洋服のファッションを合わせる事もたやすいです。そのような相手は次のデートではよりセクシーないでたちで来てほしい事を伝えると女性も理解してガーターベルトに下着は黒か赤を付けてきてくれます。男性もセクシーパンツで対抗出来ます。こんなに出来ている彼女なら東京、渋谷の交際クラブ、デートクラブの男女交際で出会ったとしても彼女、彼氏候補になりえます。とても相性が合っている二人に違いありません。結婚も視野に入れて交際をする事をおすすめ致します。東京、渋谷の交際クラブ、デートクラブの男女交際はストレス解消や息抜きの場所でもあります。

 

交際クラブ

関連エントリー
グラビアアイドルもいる東京の原宿、渋谷、恵比寿の交際クラブ東京、渋谷の交際クラブ、デートクラブの男女交際の貞操観念