Top > 肌の「きめ」を漢字で書くと

肌の「きめ」を漢字で書くと

きめ細かい肌のきめを漢字で書くと肌理となります。肌表面の模様が整然としている様子を表しています。なめらかな肌やハリのある肌では皮膚表面の模様がものおもったより小さいですが、表皮が荒れて薄くなってくると、模様が大きくなります。あるいは、皮膚が薄くなって模様が見えないほどになります。表皮は短いサイクルで再生を繰り返していますが、それが衰えてくると、肌の土台そのものが傷んでくるのは避けられません。弱った土台では今までと同じように肌を支えることが出来ず、既にできていたシワが濃くなったり、新しいシワが出来てくるのだそうです。 脚やせエステ銀座
関連エントリー